FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の戯言・中 寄せ書き?

言い忘れましたけど、この「最後の戯言」シリーズは
基本的にCSOで私と関係のあった人向けに書いております。

CSOで私と絡みが一切無かった人でも読み進められるように書いてはいますが
ゴシック的な(といっても多くは無いけど)記事としては「下」がメインとなっております。
ちなみに上は「回想」。下は「暴露」。中は「感謝」をテーマに書いてます。

と、いうわけで今回は「クラメン・フレンドたち」についての記事になります。
前回と打って変わって文字しかない記事になりました。
私がサッカーで出会った人たちを紹介しつつ、想い出などを語る記事です。

順番としてはクラメン→フレンドで 基本知り合ったのが早い順です。
ちなみにCSOで私と接したことがあるのに載ってねーよ!という方はゴメンナサイ。
関わった人全員を書き出すと時間がいくらあっても足りないので・・・。
nanomyk(田中もよこ)

知り合って10年ちょっと経つリア友。リアルでも色々ありました。

わかめ酒ではFW。ドリブル・シュートが高いレベルで安定しているエースストライカーでした。
AD連打からヒントを得て斜め移動での加速を編み出した奴。

当時高校生だった私をCSOサッカーに誘った戦犯張本人。数年後、今度は私からCSGOに引き込むことに。
クラメンとはあまりVCで話さなかったけど、もよことだけは必ずskypeで話しながらプレイしてました。
二人でよく「こいつのプレイもうちょっとどうにかならんか!」と愚痴りあっておりました。
最近聞いた話だと、私ともよこはホモ達だという噂がサッカー民の中で囁かれていたらしい。怖い。


XXシオンXX(海馬しおん)

わかめ酒の前身であるeviningPRIIMroseというクランに居たときに
oddeyeが連れてきた一人目。

わかめ酒でのポジションはMF。中盤でのボールキープ力が非常に高く、DFからパスを貰うのも上手。
シュート技術、カバー能力も高い。頼りになる万能屋でした。わかめ酒の屋台骨。

彼に関してのエピソードは2つ。
~その1~
俺「シオン、VC繋ぎたいからskypeのアカウント作ってよ」
シオン「作ったで」
俺「シオン、これ住所と電話番号が登録されてるけど・・・?」
シオン「あ、えーっと・・・・・・・・・・・あ、あぶねー!登録したつもりだったけど電話番号1桁だけ間違えてたわ!
住所も間違ったやつ登録してたわ!危なかったわーマジで危なかったわー」
俺「ああ、そう・・・(誤魔化し方下手やなこいつ・・・)」

~その2~
シオン「最近ちゃぽーんみたいな名前のクランあるやん」
周り「ちゃぽーんなんてクランあったっけ・・・」
シオン「あるって!ほら!ジュナスとかいるところ!」
俺「それTyphoooonじゃね?」
シオン「あーそれや!読み方ちゃぽーんじゃないの?」
周り「ちゃぽーんwwwwwwwwwwwwwwwwww」

天然すぎワロタ

そんなシオンは明るいキャラで、わかめ酒のムードメーカーとしても非常にありがたかったです。
サッカー民にフレンドがかなり多く、謎の人脈を見せてもらったことは何度もありました。
毘沙門とアカウントを共有して使ってたという話を聞いた時が一番ビビった。
クラメンを誘うときは大体シオンがコンタクトを取っていたので、彼がいなかったらわかめは初期メンツだけのクランになっていたことでしょう・・・。


ニルヴ


oddeyeが連れてきた二人目。シオンと特に仲良し。

わかめ酒でのポジションはGK。ここ1番の読みが素晴らしかったし、前に詰めるタイミングが安定しており
相手FWにプレッシャーをかけられるGKでした。
「ちゅうれんがDFだとGKやってて楽しい」と言ってくれたのが私がDF一本でやるようになったきっかけ。
ちょーうれしかった。

彼についてのエピソードでは1つスゲーのがあるんだけど、さすがに言うのが憚られるので・・・書かない。
名前の由来はエウレカセブンの「ニルヴァーシュ」なんだけど、本人をニルヴァーシュと呼ぶと怒る。
でも面白いから呼んでた。ちなみに「華咲く岬」って名前でやってた古参らしい。
彼もすごい真面目な子でした。子とか言ってるけど年齢的にはダブマスよりも上。
リアルでいろいろ苦労していたようでイン率が落ちがちだったけど、
わかめの正GKを彼以外に任せるつもりは最後まで無かった。

ちなみに彼が「わかめ酒が無くなったらサッカー引退するから解散しないでね」と言ってきたのが
今になってもクランを解散しない理由でもある。
そこまで気に入ってくれたならずっと残しておこうと思っただけ。


老新兵

oddeyeが連れてきた三人目。寡黙な人。

わかめ酒ではFW。もよこの陰に隠れがちでサブFWみたいな立ち位置が多かったけど
ゴール前での度胸がついてからは必殺仕事人みたいな「決めれる」FWとして活躍してくれた。

彼について語れることって実はあまりない。だってチャットで喋らないんだもん。
年齢はおろか性別も不明なので、わかめ酒内では一時期
「老新主婦説」「老新ニート説」「老新美少女説」「老新小説家説」「老新隠居説」
と、色々な議論が交わされました。私がオフ会したいなーと思うようになったのも
老新の素性がまったく分からないから気になる という理由が大きい。
でもなんだかんだで最後までわかめ酒にいてくれたので、多分楽しんでくれてたんだと思う。・・・そうだよね?


えこらいふー(unlimiited-codes)

oddeyeが連れてきた四人目。ザ・大学生みたいな性格。

わかめ酒でのポジションはDF。わかめのDFが固いとか言われてるのは大体こいつのおかげ。
とにかく殴り・タックルが上手い。基本ミスしない。シュート能力も結構高いんだけどそれ以上にDF神。
同じDFで見てて「ほえー」ってなるプレイをよくしてた。頼りにしかならない奴。

上にも書いたけど、ザ・大学生みたいな性格をしている奴(知り合った当時は高校生だけど)だったので
こいつも結構フレンドが多かった。こいつはわかめ酒じゃなくてもやっていけたはず。
そろかんと仲がすごい良かったので私が「そろかん引き抜いてこい!」と言ったら
「そういうのどうかと思う」的なことを言われた記憶がある。
私・もよこ・シオン・えこの4人は全員同い年なのでクランではいろいろと喋りました。
当時、野良試合での不満を愚痴ってばっかりで今では申し訳無かったと思う。
だって普段お調子者なキャラのくせに、愚痴だけはしっかり聞いてくれるんだもん・・・良い奴だよね。

最近はL4D2ばかりやってる。


robinvanpersie(ーラウールー)

恐らくわかめ最年少だけど、わかめ一のリア充。わかめ酒ではMF希望だった。
「ネトゲは暇つぶし」のスタンスを徹底してたので、インが超気まぐれ。
色々と話をしていても嚙み合わなかったりしたけど、いろいろ話していくうちに思ったのが
「こいつ心の底からリア充だから俺と話合わないんだな」
でもいい子だったよ。俺含めクラメンが振り回されてた気がするけどw

彼と一度1:1で練習をしているときに、彼が「新技作った!」と言って見せてきたのが
俺の脳裏に深く刻まれることとなる「マルセイユルーレット」だった。
その方法とは、ボールを持ったまま体をくるくる回しながらドリブルする
という実用性の欠片もない技。
その謎のユニークさが彼の真骨頂だった。


ちんちんマン777(SYUZO)

eviningで俺ともよこがサブで活動してた時期に、丁度わたしですが解散したので引っ張ってきた。
サッカー古参なら誰でも知ってる超絶GK。でもウチにいたときはDFやってた。DFもクソうまかったけど。

個人的にサッカー界で非常に感謝している人の一人。
わたしが高3の時、人生の岐路に立たされて思い悩んでいた、そんな時に
色々な相談に乗ってくれたのがちんマン師匠でした。愚痴相手っていうよりはアドバイスをくれた人。
なんやかんやあって無事に就職したけど、彼がクラメンじゃなかったら私今頃ニートかもしれない。

わたしですと違ってわかめ酒は変にお堅いクランだったので、
自由に遊びたい彼はeviningがわかめ酒になってからしばらくして抜けてしまいましたが・・・
その後は充実したサッカーライフを送っていたようで何よりです。色々とありがとうございました。


へたロウ(0EDGER0)

わたしです枠2人目。
ちんマンクッソ上手いしクラン誘うかーという話をしている時、
もよこが「へたロウも誘えばいいじゃん」ということで誘ってきた。
わかめ時代はMF。理想が高いプレイスタイルだったのでクラメンにはいい勉強になったかと思います。
なんやかんやあって(なんやかんやの部分は下にて)わかめを抜けた後も、
サッカーの古参としていいプレイを見せてくれたかと思います。

サッカー民とVCで喋る機会はあまり無かったけど、ビッチさんと仲良かったので
ビッチさん・へたロウ・俺・もよこの4人でわたしです時代よくVCを繋いでいた記憶がある。
ビッチさんが引退してからは話す機会もあまり無かったなあ。


doublemaster2(polichinelle)

わたしです枠3人目。よくよく考えると元わたしですの人間多いなウチのクラン・・・。
わかめ酒ではDFだったりMFだったりFWだったり。ポテンシャルが高いのでどこでもこなせるマン。
ゲストとかだと本人の気分に任せたり、こっちから指定したりして色々やってもらった。

わたしです時代、パワプロクンとビッチさんが消えたあとは俺自身夕方帯インすることが減って
深夜インすることが多かった。ダブマスも深夜プレイヤーでその時によく一緒に色々やってた縁で、
わたしですが解散した後にフラフラしてるところを捕まえた。

わかめ酒屈指の常識人。
彼の常識人っぷりは前回の記事(上巻)を読んで貰えればお分かりいただけるだろう・・・。
クラン運営面やら、色々なことで相談に乗ってもらった。サッカー界で非常に感謝している人の一人。

ダブマスとVCで喋ったときに、普段のチャットの雰囲気以上に渋い声だったので
「ダブマスwwwww声渋いwwwww」って言ってたらちょっと怒ってた。ごめんなさい。
ダブマスが彼女連れてCSOインしてきた時に俺がかました「マラ勃ちビンビン丸」は渾身の下ネタだった。
最後はクランから抜けたけど、長い間ありがとうございました。本当に有難い存在でした。


パワプロクン

わたしです枠4人目。わたしですの元クランマスター。

俺とfiximで話した結果としては、「色々背負っちゃうマン」の称号をこの人に差し上げたい。
サッカー草創期からサッカークランで活動しており、顔が広いだけでなく人格者。
サブで色々ふざけてたのは彼なりの「サッカー自体を楽しもう」という気持ちの表れだと思う。
それだけサッカー民の色々なところから信頼されてたし、その信頼に応えようと頑張っていた印象。

わかめ酒には2週間ぐらいだけ居て、クソお世話になりました!!!とか言って出てった。
これだけ見ると自由人だけど、全然自由じゃない。色々なしがらみに縛られてサッカーをしていたように見えました。

サッカー界で非常に感謝している人の一人。
わたしですのブログに私が書いた「サッカー民の7割を俺は嫌ってるんだよ!」って記事に対しても
なーんも言ってこなかった。(正確には少しだけ触れてきたけど)
本当に優しい、というか周りに気が回る分気を遣っちゃう人なんだと今では思います。
彼とのエピソードは下巻にて改めて書きますが・・・
お世話になったのは最初から最後までこちらの方だと思います。クソお世話になりました。


FiXiM


サッカー初期から色々なクランを渡り歩いてきた、ちんマンが超絶GKならこいつはマスターオブGK。
丁度ニルヴが居ない時期に来たので、ゲストでは(ほぼ)GKでやってもらいました。だって上手いんだもん。

サブで入りたいと言ってきたので、君ぐらい上手い人ならメインで入ってくれよ~と言いまくった。
でも彼には彼なりの事情があったようで、結果的にメインで入ってくれはしたものの3か月ぐらいで脱退。

私が未だに申し訳ないと思っている人の一人。
私が高3の時期にストレスを抱えながらサッカーをやっていたのを彼は思いっきり受けてしまいました。
彼がウチのクランを抜けた後「俺はもうGKやりたくない」と言っていたこと、
後々になってすごい申し訳ないことをしたなーと思いました。ごめんよめると。でもこないだTSで謝ったから許してちょ。

ちなみにわかめ時代、彼は敬語キャラでプレイしてました。それにも彼なりの理由があったようですが
今になって思うとキャラ作り下手くそだなオイ。


jgjgkkjliyjnk(四条愛美)

わかめ酒の前身、evining時代に入ってきた子。3日ぐらいで抜けてった。

彼を入れる際にはひと悶着あって、まず彼のプレイスタイルがクランカラーに合うのか
彼の性格(プレイスタイルやロビーでの言動から察するに)がクランに馴染むのか
という点について、クラメン全員に聞いた結果結構反対意見が多かったのです。
「こいつが入るなら俺は抜ける!」という強硬派は居なかったので、とりあえず入れてみよーよという私の一存で
仮入隊させましたが・・・

実際喋ってみたら、予想していた通りの性格でした。
なんでこいつこんなにテンション高いんだよ・・・。

で、クラン内から「正直一緒にやるのは辛い」という意見が出てくるまでになってしまったので
それとなーく君はウチのクランよりももっと適したクランがあると思うよ って話をした結果
それが功を奏したのか奏してないのか、次の日に修行してきますとかなんとか言って抜けていきました。

私が未だに申し訳ないと思っている人の一人。
もちろんプレイスタイルはかなり改善の余地があったけど、長い目で見る余裕を持っていれば
一度OK出しといてやっぱダメって展開は無かったのかな、と。
でも、結果的に彼はクランを抜けた後にいちごcolaというクランを立ち上げ、サッカーを盛り上げてくれたので
私が断ったことも長い目で見ればいい結果に繋がったのかな・・・と前向きに考えてます。

でも、やっぱりjgくんと一緒にプレイするのは当時の俺じゃ無理かな・・・キレたりしそう。


UrsaMinor(こぐまちゃん)

みんな大好きこぐまちゃん。癖のない性格なのでわかめ酒にもすぐに溶けこんだ・・・のだが。
ポジションはDF。時々FWやったりGKやったり、彼もかなりの万能型プレイヤー。
UrsaMinorというのは英語で、こぐま座の意味。なのでこぐまちゃんと呼んでいた。

私が未だに申し訳ないと思っている人の一人。
彼も彼でリアルが立て込んでいたりした中で、CSOにインしたら
クランマスターが「ゲストやっぞー」って招集をかけ、試合が終わったら反省会・・・
彼自身ガチでサッカーをやりたい!ってタイプでも無かっただろうし、サッカー以外のモードもよくやってたし。
そりゃ嫌になるよね。クラン抜けたいって言ってきたのを引き止めたりもしたけど、私の流儀に反してた。

正直、滅茶苦茶申し訳ないと思っている。

私がマスターやってた中ではfixim以上に私の被害を食らった人であろう・・・。
クランに入ってくれてありがとう。そしてごめんなさい。


pujol

わかめ酒成熟期に入ってきた。希望ポジションはMFだったけど、FWとかが多かった。
わかめに入る前はずーっと野良でやってて、俺も「なんでこいつ長いことやっててこんな下手なんだろ」って
内心思ってたんだけど、わかめに入れて色々教えたりしたら最終的にすごい上手くなった。
わかめが育てたプレイヤーと言えば私はpujolだと思う。

彼も彼でひじょーにあっけらかんとした、というかリア充特有の余裕みたいの持ってた。
robinもそうだけど、名前に有名サッカープレイヤーを使う人はみんなそうなのだろうか。

彼の急成長っぷりを見て、もっと早く誘っておけば良かったなぁ・・・と後悔したりもしたが
彼自身は自分の急成長っぷりをどう思っていたのか、聞く前に受験勉強で引退してしまったが・・・
正直サッカーに対して飽きかけていた自分にいい刺激をくれた子だと思います。
今は大学生活エンジョイしてるんだろうなー。


ジュント

わかめ酒終末期に入ってきた。彼が入った1週間後、わたしはCSOをアンインストールしたので
ぶっちゃけクランマスターとして彼と話したことはない。
ので、正直書くことがない・・・。せっかく入ってくれたんだから何か話そうと思ったんだけど
気持ちが完全に萎えてしまったのでしょうがない。
あ、一緒にCSGOやろうよ!(ステマ)

ツイッターでフォローしているのでチラホラ目に入るが、個人的に将来が不安な人。
もし話すとしたらその辺の話をしたいと思うので、覚悟しておいてください^-^


oddeye(土器土器ドキドキ)

わかめ酒の歴史でも触れた、わかめ酒の前身であるeviningPRIMroseのクランマスター。
年齢を聞いたことは無かったが、skypeで喋った感じからして恐らく年上だろう。

彼が連れてきた人材(シオン、老新、ニルヴ、えこ)は、彼がどういう感性で選んだのか知らないが
サッカーに対して向上心溢れる、かつサッカーの古参に対するしがらみも少なく
サッカー愛がとても強い という最高の人たちだらけだった。
こいつがずっとサッカーやってたら天下取れてたんじゃねーか?

eviningにサブで入ったとき、確か2時間近くずーっとサッカーの話をして盛り上がって
その中で「この人ならサッカーを変えられるかもしれねえ!」って思えた人でした。
サッカーの既存勢力たちに割って入るだけのカリスマ性を感じた、というか。
タイプとしてはパワプロクンに近い人だけど、パワプロクンよりも野心がある感じ。

正直、彼がマスターのクランでワイワイ活動出来てたら私のサッカーライフも大きく変わっていたでしょう。
というか、そういうプレイを俺はしたかったよ・・・。
少なくともその世界線での俺はこんなに尖った性格にはなってなかった気がする。
なので戦犯はoddeye。でも彼と出会えて無かったらもっと早く飽きてたのは間違いないし、素晴らしい人でした。


テラビッチさん


この人だけさん付け。永遠の憧れのプレイヤー。
私がサッカーガチ勢を志したきっかけであり、原因(!)でもある。ビッチさんの業は深い・・・。

サッカー初期、私がPCを持っておらずネカフェからサッカーをやっていた時代に
彼は野良部屋で華麗なループシュートを決めまくっておりました。
それを見ていた私はもよこと「この人やべえええええええ」ってskypeで大はしゃぎ。
で、この人と同じクランに入りたい!一緒にやりたい!って思ったのがサッカー民になったきっかけです。

なので、念願かなってわたしですに入れた時は本当に嬉しかったし、
彼が引退すると言ったときは大きな悲しみと憎しみに溢れたのでした。その辺の顛末は下巻にて。

ビッチさんは、部屋で見る印象通りの大人な方でわたしですに入った後もその憧れは消えませんでした。
初めてskypeで喋った時も「うわー・・・絶対いい人やこの人」という印象だったけど
マイク越しに氷をカランコロンさせながら「いやーちゅうれん君、日本酒飲みながらゲームやるの楽しいよー」
へべれけになりながら語ってきたことは今でも忘れません・・・ダメな人や・・・って正直思った。

それから数年後、私がウイスキーをロックで飲みながらゲームを嗜む様になったのは
この人の影響じゃないか?と今になってふと思う。
ビッチさんと過ごしたサッカーでの日々は私の宝物です。
でも、ビッチさんがことあるごとに「ガンダムオンラインやろーよー」って誘ってきたのは全部断ったけどね。


すとうぶ


FrontierBackyard時代のクラメン。後にぺいずりーに入隊。
クラメンじゃなくなった後も絶えず交流を続けていたので、サッカーで一番の仲良し。

殺伐としたサッカー生活の中で、彼とだけはしがらみとか一切なく
サッカーを始めた頃のような砕けたおしゃべりをしてました。色々と救われた存在。
福島に住んでいるって話をした記憶はあるけど、今どこで何をしているのか、非常に気になる・・・。

私のニコニコのマイリストをわざわざ探し出してきたりする辺り、
私とホモだちと言えるのはもよこでは無くすとうぶだろう。ストーカー気質アリ?


xキリトx Kuroron

彼らもFBY時代のクラメン。震災の影響で皆暇だったので、俺、もよこ、すとうぶ、キリト、kuroronで深夜帯に
よく部屋を立てて遊んでいた。よくわからん人がいっぱいいる(unlimited-codesとか)FBYにおいて
よく一緒に遊んだ人たち。

サッカー民と初めてskypeで喋ったのがキリトだったのは今でも覚えてる。
俺、もよこ、キリト で話したのでキリトは完全アウェーで雰囲気が掴めなかったのだろう。
ボソボソ小声でオタクっぽい喋り方をしてきたのが印象的だった。
その後、色々な人たちとの交流を経てオラついた雰囲気を出すようになったのを見て
こいつも無事にネト充デビュー(リア充とは言っていない)したんだなーと感慨深い気持ちを抱いたね。

kuroronは自分で「キョロ充」と言っちゃう人だったが、丁度FBYからわたしですに俺が移籍する際に
大学入学(2011年春ごろ)だったようで、しばらくインしなかったのだが
ある日突然戻ってきたと思ったら 俺人生楽しんでるぜイェーイ!!!って感じになってて
あーこいつ無事に大学デビューしたんだなーと、こちらも感慨深い気持ちだったね。

なんかこの辺りの想い出で、部屋で自己紹介をしようって話になった時に
「Kuroronなの キリッ!」というよーわからんネタが出来たのは覚えてる。
解説をすると、kuroron nanomyk キリトを混ぜた挨拶なんだけど・・・実際に使ってたっけなぁ?
彼らとも一時期よーく遊んだので印象に残ってます。


FATMIKE

FBYの元クランマスター。
FBYの方針について熱い議論(喧嘩)を交わしたりした時期もあったけど、
この人はこの人で信念があって、それに基づいた行動だったので意見のすれ違いってヤツ。
俺がクランマスターになる際に、この人を参考に(反面教師的な意味も半分ある)した部分がある。
そういう意味で、見ていてなかなか勉強になる人だった。酒癖クッソ悪いけどね。

後に死体と喧嘩をして、色々あったようだけど・・・。
この人とはスタンスが違ったし、共闘は考えてなかった。
FAT自体暴走しがちな面があったので、諫める側に回ってもよかったんだけど・・・。
こいつ諫めようとするとこっちに嚙みついてくるからなあ。
クランにいた時も、わかめにいた時も何度か衝突したけど、最後まで憎めない人だったよね。


yoku 螺旋眼(甘辛煎餅)

ブログとかで交流があったりした二人。
yokuさんはサッカー初心者向けの記事を俺と一緒になって書いてくれたり、
skypeのチャットで1時間ぐらい熱いエロゲ談義(当時二人とも18歳になってなかったんじゃないか・・・?)を
交わした仲。
サッカー初心者を増やそう!って心は常に持ってたけど、やっぱり同じ志の人がいるだけで
気が楽になるというか、励みになるというか。フレンドリーな人だったしこっちも喋ってて楽しかった。

螺旋眼は俺がわたしです時代に書いた「サッカー民7割嫌いです」記事にコメントをつけてくれた人。
怒るでもなく、諫めるでもなく、「それはちょっと偏った考えですね・・・」って感じのことを書いてた。
このブログの方にもいろいろなコメントを書いてくれて、やっぱり嬉しかったし
サッカーにもこんないい人がいるんだ!って仲間意識的な何かが芽生えかけたりもした。
プレイめっちゃ上手かったしね。

この2人は一緒のクランでプレイすることはなかったけど、フレンドと呼べる人たちだったなーと思います。
といってもわかめ酒に誘って断られた記憶もあるんだけどね!ちくしょう!


おかみさん

最後はこの人。

サッカー民はこの人に対して感謝の気持ちを忘れてはならないと思う。

ご存じランキングマッチの創設者。一度もきちんと話したことはないと思うけど・・・。
とにかくサッカーを盛り上げた一番の功労者だと思う。自分もランクマッチには何度か参加したし、
皆も参加したことはあるだろう。
専用のページなんかも作ったりして、本当にサッカーを盛り上げたいという気持ちが伝わってきた。
途中で辞めてしまったようだけど、こういうのは作り上げるのが一番大変だし、
第一人者であるこおかみさんはサッカー界のマザーテレサだと思う。
その気持ちを汲んで色々な形でガチ部屋を作る人たちが出てきたことも間違いなくこの人の功績。

ランクマッチ、本当に楽しかったです。大変だったかと思いますが、あなたがナンバーワンです。本当にお疲れ様でした。








以上!ここまでで中巻でした。


再度になりますが、名前を挙げなかった人たちでも関わりがあった人はいっぱいいたし、
それはもちろん覚えております。

正直、サッカー民全員分を書こうと思って

サッカー民一覧

わたしが密かに集め持っているサッカー民一覧名簿をついに使うときがきた!と
開いてはみたのですが、さすがに100人近く書く気にはなれませんでした。
いつか・・・書くかも・・・?いや、書かないな。時間と気力と記憶が圧倒的に足りない。




では、残りは最後の下巻にて。
ここまで長々と読んで頂き感謝感激雨アラレ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まず…
書くのおせーーーよ!!!!!!!

うさぎもちくんもクラメンやろ!!!!

そして俺そんなはやく抜けたかな…
Twitterでも話したけど、反対意見がでてたってのはわかめ酒のときだと記憶してる。(されたほうは覚えてると言うやつです)

もよこさんとのホモの噂はサッカー皆の間では有名でしたね

そしてシオン君もあんころに次ぐアホの子だってんですね…

パワプロくんには僕も世話になりました。
俺も彼には感謝してます。

おかみさんに関しては禿同ってやつです。

Twitterでのアツいサッカー談義が載っていないのが唯一の不満です。

ちゃぽーんの件はもう許されたはずや!

おかみさんのランキングマッチは結局1回も参加できなかったなぁ、、
今思うと惜しいことした〜

No title

わかめに戻ろうとした時は私がそもそも嫌がった
サッカー民との人脈が多すぎる人は基本NGだったので
1回目の時はjg君が聞いてないだけで、普通に問題児みたいな扱いをされていたよ。

あと、うさぎもちってUrsaMinorやろ

No title

問題児みたいなってか問題児だったからね。

うさぎもちくんとはリアルでも親交があるけど、そんなの聞いたことないぞ…

No title

5年ぶりくらいに見たら
何か面白い事書いてるじゃないか!
下巻はやく!
あと赤字みたいなおっさんくさいことは言ってないwww
・・・と思うぞ多分。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ちゅうれん

Author:ちゅうれん
CSOサッカーモード大好き(だった)人間。
全ては遠い日の中に。
  自己紹介

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。