FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一晩悩んで宝塚記念

オルフェーヴル出走回避で3強になっちゃいましたけど

面白そうなレースになりました。

展開は読めるし、フェノーメノとジェンティルドンナがどんなレースするかも分かる・・・

けど、やっぱり強い馬同士がぶつかると予想難しいですわ


◎はゴールドシップとしました。

結局のところ前走は「走る気を無くしてた」ってのが一番の敗因だと思います。

京都の外回りって舞台自体は、確かに高速馬場でしかも前残りしやすいのですが

コースが向かなかったっていうのは菊花賞のレースを見ると決して言えないと思います。

当時画面で見てて「ディープの春天かよ・・・」って思わず言っちゃったぐらいの衝撃だったもん。

ベールドインパクトをあっさり捻り潰した阪神大章典からいっても

やっぱりステイヤーですよね、母父のメジロマックイーンの血が色濃いです。

宝塚記念の阪神内回り2200っていうコースはラップの見た目以上に先行馬にはキツいレースでして

むしろ京都の3200よりスタミナ勝負になりやすいんですよね。

重馬場になると前残っちゃったりする(例:2008年)んですけど、弱い逃げ馬、先行馬が

来れる様なレースでは決してないです。

そういった意味では今回はむしろ他に強い先行馬がいるというのは、

むしろ自然とペースがあがるのでゴールドシップにはうってつけのスタミナ勝負が望めるんじゃないかと。

そして冒頭で書いた「走る気を無くしてた」って話も

今回はウチパクが熱心に調教で追ってて、追い切りも前走よりは間違いなくいい。

気配も上々とくれば、本命をつけさせていただきましょうとも。という結論に至りました。

春天1番人気惨敗→宝塚で復活 っていうのは去年のオルフェとまったく同じパターンですし。

ウチパクには2200m追いっぱなしで頑張ってほしいです。


○はジェンティルドンナ、▲はフェノーメノ。

ジェンティルは海外明けを嫌います。フェノーメノは今回はそんなに勝つイメージ沸かないかな?

それと大穴で☆スマートギア入れておきます。

前がやりあってくれて、上手く立ち回ればこの馬にもワンチャンス。さりげなく3着希望。


トーセンラーは武さんが着狙いしてきそうな気もするけど、坂であっさり止まりそう。

あとの馬は特に穴として魅力感じなかったのでノーコメント。

◎ゴールドシップ
○ジェンティルドンナ
▲フェノーメノ
☆スマートギア

◎→○▲→○▲☆の3連単フォーメーション4点で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゅうれん

Author:ちゅうれん
CSOサッカーモード大好き(だった)人間。
全ては遠い日の中に。
  自己紹介

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。